読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分け入っても分け入っても深い沼

ジャニーズが大好きです。自担は重岡くんと安井くん。

自担がメインでバックに付くデビュー組のコンサートに初めて行ったら神待遇だった

ジャニーズ

 

8月10日に代々木第一体育館からスタートしたA.B.C-Z Star Line Travel Concert (以下えびコン)。


その日Twitterでバックに付くメインJr.がLove-tuneだとフォロワーさんから教えて貰って、とことん焦った。

行くか迷う。でもバックでしょ?そんな目立つ?広島からわざわざ遠征する程?と思いを巡らせておりました。


しかしレポで、

安井謙太郎がギターを弾いている。

と目にした瞬間、これはこの目で見ないと一生後悔するのではとすぐにえびコンの日程を調べ、10月に行われる大阪城ホールでの公演のチケットを探しました。

 

自分の通帳と相談し10月2日の1部2部に入ることにしました。

 

 

私は今まで自担がバックに付くコンサートに行った事がありませんでした。というより機会が無かった。

 

私の担当遍歴をサラッと紹介しますと、キスマイ(デビュー前から好きだったが初現場はデビュー後)→デビュー後のジャニーズWEST安井謙太郎くん(キスマイのバックに付いていた時は担当じゃなかった)の掛け持ちという感じです。

 

結局事実上はキスマイコンの時に行ってた事になるんですけど、その時はキスマイしか見てなかったのでノーカンで。

 

 

初めてのA.B.C-Zのコンサートで初めての1人参戦。
ものすっごく不安だったけどどうしても行きたくてチケットを探しました。

 

私の中の何がそこまで駆り立てたのか。

 

まず、大前提として、エビキス*1を見てたからA.B.C-Zは元々好きというのがあります。

デイブレ*2は私の青春。


少クラのおかげで謎に親しみあるし。

曲も結構好きで色々iTunesに入ってます。


そしてA.B.C-ZはJr.にとんでもなく優しい。
これでもかというくらいJr.に出番を与えてくれる。
って今まで聞いたりTwitterで見たりしてたので期待しかありませんでした。


後は、Love-tuneのマスピがどうしても見たかった。という理由。

 

 

※さて以下はほぼえびコンに入った感想です。

 

まず城ホに行くまでの電車も全然ジャニヲタっぽい人がいなくて私だけか?なんて思いながら大阪城公園前で下車。


割と降りる人が多くて、全然ジャニヲタいねぇと思ってたらみんな雲隠れしてた現象が起きました。

 

城ホール付近についても花冠がいない。

盛り髪がいない。

ドレスを着ていない。

オリジナルつなぎや特攻服なんてもっての外。


私はそういうジャニヲタを見るのも意外と好きだったりするのでそれらが悪いとは言わないです。

 

ただ今までのコンサートに大体居た、ジャニヲタ参戦スタイルに滅多に出会わなくてびっくりしました。


いかにジャニヲタっぽく見えない服装かにこだわる私にとってはなんとも落ち着く空間でした。

 

そんなこんなでえび担の印象を爆上げしつつ、会場入りし、いざコンサートへ望みました。

 

セトリ伝々は置いておいて、メインバックとして付いた自担を初めて見て感動したポイントのみを上げていきます。

 

 

Love-tuneみんな楽器持って演奏してる!!

 

楽器弾けるってだけで魅力が2割増しするじゃないですか??(私調べ)
それを知ってか知らずかわからないけど、まぁよくやってくれた。この案を出してくれた方に高級菓子折り持って感謝を伝えにいきたい。

 

 

Love-tune1人1人アップで抜かれてあのでかいモニターに!!

これはA.B.C-Zが捌けた後の繋ぎの時。(何て言っていいか分からん)
え、ほんとにバックのJr.の待遇??逆にいいの??

 

マイク持ってコーラス?みたいなのしてる!!

Jr.がバックでマイク持って歌ってるって私が入ったコンサートでは見たことなかったから衝撃だった。

私が知らないだけで今までそういう事沢山あったのだろうけど。


衣装が豊富でかっこいい!

何回着替えるんや!ってぐらいバックのJr.にしては衣装多かった印象。

ふみきゅん(河合郁人さん)が作りたいって言ってできた衣装もあるし。
しかも衣装が見事に全部かっこよくて可愛い!!変な衣装がなかった!

 

ていうか大体出てる!!

本当に出ずっぱり。冗談抜きで9割出てた。これ盛ってないから。

 

ざっくりとこんな感じです。

 


え、これめちゃくちゃ待遇いいよね??A.B.C-Zのバックに付いたらこんなに待遇いいの?


他G現場では目当てがいないと意識してJr.をみないのでわからないけど(笑)

 

今回入って感じたこと。(悪魔でも自分がね)


A.B.C-ZLove-tuneを“ただの自分達のバックのJr.”として扱うんじゃなくて、ちゃんとLove-tuneというグループとして扱ってくれている。

 

例えばそれは過去にバックついてきたJr.もそうだったのかなと思います。見たことないから確かな事は何も言えないけど。


自分のグループのコンサートなのにJr.にこんなに優しくていいの?って思わず不安になっちゃいます。
いやそんな事微塵も思ってねぇよって言われたら何も言えないけど。

 

 

ただただ行ってよかったなぁと思うばかりです。
ありがとうA.B.C-Z!!

ずっとLOVE!!!!(これが言いたかった)

 

f:id:e_322617:20161003191106j:image

*1:A.B.C-Z×Kis-My-Ft2のこと。デビュー前からこの2組でコンサートも行っていた

*2:少クラでエビキスで披露されたオリジナル曲